展示会用の紙袋オリジナルデザイン

展示会用のデザインは、会社名や商品・サービスを大胆にアピールがポイントです。

シンプルなデザイン

紙袋デザイン
シンプルに白地に会社名やロゴマークを入れるパターンです。紙袋の場合は遠めに見てもわかるように社名・ロゴマークを大きめに入れるとよいでしょう。印刷代も安価になりますので特に小ロットで製造される場合にはこのようなデザインをお勧めします。

正面部分がベタ印刷のデザイン

紙袋デザイン
上のデザインでは少しインパクトが弱いという場合には、このように一部分をベタ印刷にしてロゴマークなどを白抜きにする方法があります。このようにデザインすると目立たせることができます。

マチ部分がベタ印刷のデザイン

紙袋デザイン
こちらのデザインはマチの部分だけにベタ印刷をする方法です。正面とマチ面に変化をつけることでメリハリがついています。展示会では多くの会社が参加されていますので、他社よりも目立つようなデザインにすることも必要と思われます。

ショップ用の紙袋オリジナルデザイン

ショップオリジナル紙袋のデザインは、継続で使っていくものですから、目立つだけではなくて、ショップのイメージ戦略という意味合いが強くなります。

ショップイメージ重視のデザイン

紙袋デザイン
紙袋のショップ用デザインは長く使うものでショップのイメージも大事ですから、単なる包装資材というよりも宣伝広告を考慮したデザインが必要です。

イメージイラストのデザイン

紙袋デザイン
ショップがイメージできるようなイラストを入れると効果的です。内容によっては写真を入れるより効果があります。また1色で十分に意図を伝えることもできますのでコスト面でも有効です。

4色カラーのデザイン

紙袋写真
紙袋にカラーを入れると非常に鮮やかになります。目を引くデザインはカラー印刷がお勧めです。ただし無意味に写真を入れるだけでは予算を生かしきれません。十分ショップのイメージが広告宣伝できるよなデザインを創ることが大事なポイントになります。またカラー印刷をする場合には、用紙についても高級紙のエスプリコートをお勧めします。カラー印刷の再現性がもっとも高い用紙です。

このページの先頭へ