カラー品質がもっとも高いオフセット印刷

オフセットの枚葉印刷機は菊判や四六判といった規格サイズに仕上げた原紙を印刷する機械です。枚葉印刷機は多くの印刷会社が設備しております。輪転印刷機は巻取り原紙を印刷する機械で、枚葉印刷機よりも印刷処理速度が段違いに高いので、大量のチラシやページ数の多いカタログの印刷用途として使われております。

カラー印刷は肉眼では判別出来ない微小の網点を利用して、青色、赤色、黄色、黒色を掛け合わせることで自然色を擬似再現しております。フレキソ印刷の版は粗い網点しか作れません。グラビア印刷の版はグラデーションというなだらかな段階的な網点の変化が苦手です。

オフセット版は微妙なニュアンスの網点を作ることが出来ますので、カラーの再現性の品質がもっとも高いといわれるのです。逆に版の制作代が一番安価にできるためにコストパフォーマンスも高いのです。

巻取り用紙のオフセット輪転印刷

オフセット印刷輪転機

 当社が設備しているオフセット輪転機の中には、自動巻き取り製袋機専用の特殊な印刷機があります。この機械は巻取り原紙に印刷→ドライヤーでインキを瞬間乾燥→再び巻き取る。巻き取った原紙はそのまま全自動製袋機で紙袋に加工することが出来るのです。

主に製袋用印刷機として開発されたオフセット輪転機です。チラシやカタログ用の巻取り輪転機とは根本的に装置が異なります。第一印刷ユニットから第五印刷ユニットまでありますので、4色カラープラスニスまでが一度に印刷できます。また各ユニットの版胴はカセット交換式になっておりますのでピッチ変更ができます。

グラビア印刷やフレキソ印刷でも巻取り原紙に印刷することが出来ます。しかしグラビア版またはフレキソ版が高額になることが難点でした。長期間そして大量に使用する紙袋であれば版代のコストも気にならないのですが、版の修正が必要になった場合は容易に改版が出来ません。それと比較するとオフセット版は圧倒的にローコストです。またフレキソ印刷はカラー印刷にほとんど対応が出来ません。

どの印刷方法にも長所と短所があります。当社ではお客様の用途に合わせて最適な製造方法をご提案させていただきます。

オフセット枚葉印刷

オフセット印刷には、巻取り原紙に対応する輪転機とは別に、断裁済みの平判用紙を使う枚葉印刷機があります。この枚葉印刷機が多種多様な物の印刷に活躍しているのです。
巻取り輪転印刷機は印刷スピードが早いため、大ロット向けの印刷物に適しております。反対に多品種小ロットの印刷物は平判印刷機が適しているのです。

このページの先頭へ