製袋機で紙袋に加工される連続写真を御覧ください

機械で製造可能なサイズ

●1/2型製袋機で製造できる手提げ紙袋のサイズは
 最大:正面350、マチ150、高さ450
 最小:正面200、マチ60、高さ210

●1/4型製袋機で製造できる手提げ紙袋のサイズは
 最大:正面220、マチ120、高さ340
 最小:正面125、マチ50、高さ175

*正面とマチの比率によっては出来ないサイズがございます。
 詳しくはお問い合せください


写真で見る製袋機による製袋工程。
用紙は写真の左から右へ流れていきます。

製袋機折り

1枚の紙を2つ折にして筒状にしていきます。
同時にマチ部分も折りながら糊をつけていきます。


製袋機胴貼り

糊のついている部分を重ね合わせていきます。


製袋機胴貼り

金属のローラーで押さえて圧着していきます。


製袋機胴貼り

上の写真を横から見たところ。次は底の部分を加工していきます。


製袋機胴貼り

底を爪で引っ掛けて広げます。


製袋機胴貼り

広げた底面をローラーで押さえていきます。


製袋機胴貼り

ローラーの次は糊をつけていきます。


製袋機胴貼り

底面を貼り合わせて出来上がりです。まだ糊が乾いていないので
袋を重ね合わせて圧着しています。


この次の段階でヒモの取り付け作業をします。
ヒモ付けは機械化できていないので手作業で行います。

このページの先頭へ