紙袋をコスト優先で作る仕様とロットについて説明します

 紙袋を安価に作るには、コストを再優先した仕様を第一にして、デザイン性は2番目に考えなくてはいけません。 つまり複雑なデザインやおしゃれなデザインは採用することが出来ません。カラー印刷は避けて色数を少なくする必要があります。

ご注文数量が多い場合の仕様(1万枚以上)

 ご注文数量が1万枚前後の場合は、巻取り紙でフレキソ印刷1色(文字もの)、晒クラフト紙に紙ひも、底ボール無しがシンプルで最も安価に製造することが出来ます。

 ご注文数量が5万枚、10万枚以上の単位になるとオフセット輪転印刷機でカラー印刷も対応が出来るようになります。1万枚くらいでオフセット輪転印刷機を使うとかなり割高になってしまいます。サイズによっては平判の用紙にオフセット印刷したほうがメリットがあります。

 フレキソ印刷もオフセット輪転印刷も巻き取り紙は晒クラフトのみになります。コート紙は使えません。表面加工のPP貼りもありません。

 コート紙を使って出来るだけ安価に作るには中国生産をお薦めします。注文数量が1万枚から5万枚くらいで、納期に余裕があることが条件になります。生産数が多いほうがコストメリットが高くなります。

ご注文数量が上記よりも少ない場合の仕様(2000枚から1万枚)

 こちらは平判用紙を使う仕様です。製袋原紙はどれでも使うことが出来ます。一般用紙のコート紙も問題ありません。安い紙袋から高級な紙袋まで、用紙、印刷、表面加工、ヒモ等の組み合わせが自由です。

 一番安価な仕様は、晒クラフトに1色ベタなし印刷、そしてヒモはOFJ形式のPPヒモ白色で底ボール無しです。機械製袋加工出来るサイズであることが前提となります。

ご注文数量が少ない場合の仕様(2000枚未満)

 数量が2000枚未満のご注文はひとつのサイズ以外は機械製袋加工が出来ません。したがってそのサイズのみが安価に作る方法になります。

次のサイズのみ500枚以上2000枚未満でも機械製袋加工受けております。
正面320ミリ、マチ110ミリ、高さ300から450ミリ

500枚未満はどのサイズでも手貼り製袋加工になります。

このページの先頭へ